運営会社 お問い合わせ
トップ  >  専門学校と就職

専門学校と就職

専門学校の就職率は堅調

大卒者の就職難が叫ばれるなか専門学校卒の就職率は堅調であり、平成23年度に至っても75%を越える安定感を持っています。

参照

特に医療関係は深刻な人材不足もあいまって異常なほどの求人倍率を誇っています。
また人件費の高騰に頭を悩ませる企業としては大卒者を採用するよりも、初任給が安く抑えられる上に専修過程を終え、すぐに戦力となる専門学校の新卒者は喉から手が出るほど欲しいと思うのもうなづけます。
企業側の買い手市場と言われる現在の就職戦線ですが、資格所有者にとってはさほど影響がでているわけではなく、求職者が仕事を選べる実情もあります。
学歴よりも資格が物をいう現在の就職事情では、採用担当者は専門学校卒業生に熱い視線を送っているようです。

大学進学者も通う専門学校

一般教養課程の学歴だけでは就職に不利な状況になってきているのは、大学進学者が直面している大きな問題です。

その為に、大学の授業とは別に資格を取るために専門学校にも通うという、ダブルスクールという現象が最近は頻繁にみられるようになりました。

社会的ステータスという学歴と、実地面に強い資格の両方を有するという為に、このような現象が起こっているようですが、学費を負担する親御さんなどからすると2人分の教育費に相当するために非常に頭の痛い問題です。

大学にやっても就職があやしいのならと子息に専門学校への進学を勧める親御様も現在は多くいらっしゃいます。

大学卒のステータスを気になさらない方はそのままストレートに専門学校に通い、その学校で学べるジャンルの仕事に就職していくため、費用も抑えられ、さらに時間的なロスも大きく抑える事が可能です。

セカンドスクールとして大人も利用

学校を卒業されたあとに一旦社会人として活動を開始したものも、その後に収入面の向上や、自分のしたい仕事につくために専門学校へ通い、再び学び始める方も多くみられます。

特に医療関係の仕事は求人も多く待遇面も良好なために、異業種経験者が専門学校に通い資格を取得して再就職するというケースが非常に多くみられます。

修学にかかる費用もそれ相応にはかかるのですが、就職できれば必ず元が取れるということで人気が高まっているのも事実です。

また、仕事をしながら将来独立をするために各種資格を取るという方もいらっしゃいます。

資格が就職に非常に強いアドバンテージとなっている現在は、新卒者のみならず、既に社会に出られている方からも専門学校が注目されています。

オープンキャンパス

地図から探す
他のエリアのスクナビから探す
北海道 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
北海道 専門学校 入学資料一括資料請求
東北地方 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
東北地方 専門学校 入学資料一括資料請求
関東 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
関東 専門学校 入学資料一括資料請求
関西地方 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
関西地方 専門学校 入学資料一括資料請求
四国地方 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
四国地方 専門学校 入学資料一括資料請求
九州地方 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
九州地方 専門学校 入学資料一括資料請求
沖縄地方 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
沖縄地方 専門学校 入学資料一括資料請求
全国 専門学校 入学資料一括資料請求スクナビ
全国まとめて専門学校入学資料一括請求
プライバシーポリシーリンクについてお問い合わせ掲載のご提案
スクナビは、各地域ごとで専門学校を紹介してます。 「地元東海地方で就職したい」と思った時、東海地方の専門学校の就職課が地元の企業にやはり詳しく、 企業側も地元東海地方の専門学校の事はよく知っていると思います。各地域ごとにすばらしい専門学校があり、 それぞれの専門学校が各々に「就職に強い資格が取得できる」分野を持っています。 専門学校は文字通り、専門の資格を取得させるプロであり、その専門の資格を持って就職させるわけですから、 地域(東海地方)の就職事情や企業のことも知っているわけです。 スクナビがお手伝いできるのは地元東海地方の専門学校に進学するための入学案内や入学願書の資料請求の窓口だけですが、 ぜひ東海地方スクナビで自分の描く就職への資格に向かって地元東海地方の専門学校を探してみて下さい。
ページの先頭へ